千葉・県民音楽祭
~世界に響け!みんなでつくるハーモニー~世界を巡る音楽の旅vol.3

Chiba Citizen's Music Festival  ~Resonate Around the World! Harmony Created by Everyone~  A Journey to the World of Music Vol.3

お知らせ(2020年4月25日)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期及び新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、本イベントも今年度は中止することといたしました。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

Notification(April 25, 2020)

This event has been cancelled this year due to the postponing of the Tokyo 2020 and the spread of the new Coronavirus(COVID-19).Thank you for your understanding and cooperation.

主 催 千葉県
日 時 令和2年6月21日(日曜日)14時開演(13時開場)
※中止
場 所 千葉県文化会館大ホール
Sponsor Chiba Prefecture
Date and time Sunday, July 21, 2020  Start: 2:00 pm (Open: 1:00 pm)
※This event has been cancelled.
Venue Chiba Prefectural Cultural Hall

Stage

―音楽による共生社会の実現を目指して

 千葉・県民音楽祭は、世代や障がいの有無に関わらず、様々な方が一緒にステージをつくりあげる一般参加型コンサートです。
 日頃、千葉県内で活動するアマチュアの皆様と千葉が誇るプロオーケストラ「千葉交響楽団」が千葉の音楽文化を発信します。
 また、ダンサー、テノール歌手、和楽器奏者、障がいを持つプロアーティストなど多彩なゲストをお呼びし、多様性に満ちたステージをお送りします。

イメージ

プログラム

【第1部】ちばが奏でるハーモニー
(県民と千葉交響楽団のステージ)

県内で音楽活動をする楽器演奏者や障がい者団体、合唱団体、ダンス団体の方々によるオリンピック・パラリンピックをテーマとした演奏を披露。

【第2部】世界を巡るハーモニー
(ゲストアーティストと千葉交響楽団のステージ)

多彩なジャンルのゲストアーティストによる、世界の国々をイメージさせる楽曲でつづる音楽の旅。

イメージ

-Towards the Realization of an Inclusive Society through Music

Chiba Citizen’s Music Festival is a concert everyone can take part in. People work together to create the stage, regardless of age or whether they have an impairment or not. Amateurs in Chiba and the Chiba Symphony Orchestra showcase Chiba's music culture. A variety of guests, including dancers, tenors,  players of Japanese musical instruments and artists with disabilities are invited to create a stage full of diversity.

イメージ

Program

【Part1】Harmony Played by Chiba
( Chiba Citizens and Chiba Symphony Orchestra Stage )

Performances on the theme of the Olympic and Paralympic Games by performers, people with disabilities, choirs, and dance groups performing music activities in Chiba.

【Part2】Harmony Around the World
(Chiba Symphony Orchestra and Special Guests Stage)

A musical journey spelled out with songs from various countries played by guests from a wide variety of genres.

イメージ

Performers

山下 一史 (指揮)
Kazuhumi Yamashita (Conductor)

下 一史 (指揮)

 桐朋学園大学卒業後、ベルリン芸術大学に留学。1986年ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。1985年12月よりカラヤンの亡くなるまでアシスタントを務める。その後、ヘルシンボリ響(スウェーデン)首席客演指揮者、九響常任指揮者、大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管常任指揮者などを歴任、2008年4月同団名誉指揮者就任。2006年仙台フィル指揮者、2009年4月から2012年3月まで同団正指揮者。2011年にはシューマン:歌劇「ゲノフェーファ」日本舞台初演。その他水野修孝作曲歌劇「天守物語」を指揮するなど、オーケストラ、オペラの両面で着実な成果を上げている指揮者として注目を浴びている。2016年4月よりニューフィルハーモニーオーケストラ千葉(現・千葉交響楽団)音楽監督就任。以降、同楽団の評価を高め多くの人々より称賛されている。2018年4月より東京藝術大学音楽学部指揮科教授。


千葉交響楽団 (管弦楽)
Chiba Symphony Orchestra

千葉交響楽団 (管弦楽)

 千葉交響楽団は、千葉県のプロオーケストラであり、前身であるニューフィルハーモニーオーケストラ千葉の31年間の活動を引き継ぎ、2016年10月に公益財団法人千葉交響楽団と改称した。千葉県内の音楽文化の創造を使命とし、地域に根ざした活動を基本に県内を中心に演奏活動を行っている。
定期演奏会をはじめ、県民芸術劇場や各地での演奏会など、毎年およそ20回にわたるコンサートを行っている。また、次代を担う子どもたちに向けては、千葉県及び各市町村教育委員会との共催で「小中高等学校音楽鑑賞教室」を毎年およそ50校で実施しているほか、幼稚園や特別支援学校への訪問演奏や室内楽の演奏等、あわせて年間150回ほどのコンサートを行い、県民に音楽の素晴らしさを伝えている。
2016年4月に音楽監督として山下一史を招聘し、新鮮で熱気あふれる演奏により県民の支持を増やしており、「おらがまちのオーケストラ」として県民に愛され親しまれるよう着実に歩み続けている。

ゲスト出演/Special Guests

大前 光市 (ダンサー)
Kouichi Omae (Dance)

大前 光市 (ダンサー)

義足のプロダンサー。24歳の時、交通事故により左足を切断。
左足を失ってから10年後、国内外のコンクールにて多数の一位を受賞する2016年リオデジャネイロパラリンピック閉会式にてソロを踊る。2017年第68回紅白歌合戦にて平井堅と共演、その後のNHKスペシャルで特集され大反響を呼ぶ。2018年にMGMに招待され米国ラスベガスにてJABBA WOCKEEZ「jreamz」に出演。東京2020聖火ランナーに選ばれる。
大阪芸術大学 舞台芸術学科 舞踊コース卒業。Chacott「トリピュア」イメージキャラクター。関西大学人間健康学部 客員教授。しながわ2020スポーツ大使。岐阜県芸術文化奨励賞。
舞台だけでなく、テレビ、ラジオ、新聞、GQなどのファッション雑誌やメディアへの出演も多数。


北尾 亘 (ダンサー)
Wataru Kitao (Dance)

北尾 亘 (ダンサー)

 1987年兵庫県生まれ。 幼少より舞台芸術に携わり、クラシックバレエからストリートダンスまで多様なジャンルを経験。東宝ミュージカル『ミス・サイゴン』『レ・ミゼラブル』などに出演。
2009年ダンスカンパニー[Baobab]を旗揚げ、全作品の振付・構成・演出を担う。単独公演のほか全国のフェスティバルに参加。個人として多数の演劇作品、TVCM・映画・ドラマに振付。ダンスフェスティバル『DANCE×Scrum!!!』ディレクターやWS講師、アウトリーチ活動にも積極的に取り組む。ダンサー・俳優として、近藤良平・多田淳之介・杉原邦生・中屋敷法仁・山本卓卓の作品に出演。[さんぴん]メンバーとしても活動し、4カ国20都市以上で舞台に立つ。
 横浜ダンスコレクション2018 コンペティションⅠベストダンサー賞、第3回エルスール財団新人賞など受賞多数。急な坂スタジオサポートアーティスト。尚美学園大学、桜美林大学非常勤講師。


西村 悟 (テノール)
Satoshi Nishimura (Tenor)

西村 悟 (テノール)

 日本大学芸術学部音楽学科卒業、東京芸術大学大学院修了。イタリア声楽コンコルソ・ミラノで大賞、リッカルド・ザンドナーイ国際声楽コンクール第2位及び審査委員長特別賞、日本音楽コンクール第1位及び聴衆賞。
2013年大野和士指揮水戸室内管弦楽団とブリテン「ノクターン」、2014年山田和樹指揮スイス・ロマンド管とメンデルスゾーン「讃歌」を共演の他、佐渡裕指揮ケルン放響「第九」、インキネン指揮日本フィル「大地の歌」、小林研一郎指揮名古屋フィルとはヴェルディ「レクイエム」、高関健&東京シティ・フィル「ファウストの劫罰」等で共演。2016年には大野和士指揮バルセロナ響とメンデルズソーン「讃歌」を共演してヨーロッパ・デビューを果たし、現地有力紙「La Vanguardia」に高評された。
 オペラでは「ラ・トラヴィアータ」「蝶々夫人」「仮面舞踏会」「ラインの黄金」「魔笛」「夜叉ヶ池」等に出演。五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。出光音楽賞受賞。


望月 太左乃 (邦楽囃子方)
Tasano Mochizuki (Hougakuhayashigata)

望月 太左乃 (邦楽囃子方)

 1990年千葉市中央区生まれ。邦楽囃子を望月太左衛師、能楽観世流太鼓を観世元伯師に師事。私立国府台女子学院中・高卒業。2007年望月流家元より望月太左乃の名を頂く。2009年東京藝術大学邦楽科邦楽囃子専攻に現役入学。2013年同大能楽囃子修士課程に入学し2015年修了。
 国立劇場や国立能楽堂など日本各地の劇場で演奏。大河ドラマ「花燃ゆ」「真田丸」やNHK-FMなどに出演。さいたまスーパーアリーナにて小林幸子とAbema TVにて中村獅童 元SMAPの3人と共演。CM・アニメ 新作歌舞伎などの録音に携る。
日独150年記念Japanday、Japan Expoパリの他、昨年はパリにて人間国宝梅若実と共演やオーストリアにて日墺国交樹立150周年記念演奏。
 稀音家浄観賞、市川市新人演奏家コンクール優秀賞、千葉市芸術文化新人賞を受賞。
 (社)長唄協会会員。東京都キッズ伝統芸能体験講師。学習院中等科非常勤講師。

公募による県民参加/Performers by public offering

楽器演奏者/Instrumentalists


チャレンジド/Challenged


合唱/Chorus


ダンス/Dance

Lobby Events

大ホールホワイエにて、様々な展示・体験イベントを行います。
Before and during the intermission of the concert, you can enjoy the following experiences in the lobby.

イメージ オーケストラ楽器展示・演奏体験
/Orchestral instruments
イメージ VRフェンシング体験
/VR fencing

Access

千葉県文化会館
(Chiba Prefectural Cultural Hall)

〒260-8661 千葉県千葉市中央区市場町11-2(11-2 Ichiba-cho, Chuo-ku, Chiba city, Chiba 260-8661)
・JR内房・外房線「本千葉駅」より徒歩10分
・JR総武線「千葉駅」東口から京成バス7番 「郷土博物館・千葉県文化会館前」下車徒歩2分
・JR総武線「千葉駅」から千葉都市モノレール 「県庁前駅」より徒歩7分

・10-minute walk from Hon-Chiba Station on JR Uchibo and Sotobo Lines
・Take the Keisei bus from No.7 bus stop at JR Chiba Station (East Exit) ,and get off at Chiba City Folk Museum, Chiba Prefectural Cultural Hall and walk 2 minutes
・7-minute walk from Kencho-mae Station on Chiba Urban Monorail

Contact

公益財団法人千葉県文化振興財団(Chiba Prefecture Cultural Promoting Foundation)

TEL 043-222-0077(平日9:00~17:00)FAX 043-221-6438